EXPLORE OUR MEDIA

 

Media Center

会社案内動画日本語版(2019-2020版)

ナレーター:長妻樹里(プロ・フィット)
イラストレーション:山田怜
BGM:ギヨーム・アンフォウ(M-Rose Productions)
動画製作:メガリスITアライアンス
© 2016 - 2020 Megalith IT Alliance

会社案内動画英語版(2019-2020版)

ナレーター:内田秀(リンク・プラン)
イラストレーション:山田怜
BGM:ギヨーム・アンフォウ(M-Rose Productions)
動画製作:メガリスITアライアンス
© 2016 - 2020 Megalith IT Alliance

「インターネットのスマートな使い方」

クリックして読む

監修:矢萩邦彦(実践教育ジャーナリスト)http://www.aftermode.com/
イラスト:草田草太 http://siratamasouta.blog.fc2.com
制作:メガリスITアライアンス

この小冊子について

今や生活には欠かせなくなったスマートフォン。子どもにも広く普及している便利なものではありますが、昨今の事情により誤った使い方により不幸な事故に巻き込まれるケースも頻発しております。
この小冊子は「小中学生向け」として作成し、若い年代でスマートフォンを使う際の注意点を、可能な限り平易な表現で、ポイントを絞ってご紹介しております。

本小冊子は、下記の使用条件に許諾していただければ、再配布は自由と致しますが、二次利用や商用利用については固くお断り致します。
また繰り返しのご案内となりますが、本小冊子はパブリック・ドメインではなく、著作権についてはメガリスITアライアンスが保持しておりますので、ご注意ください。

使用条件

・ダウンロードに関しては、完全に自由とさせて頂きます。
・ダウンロード後のプリントアウトによる使用に関しては、教育等を目的としている場合のみ許可させて頂きます。
・プリントアウトに適したA4見開き版を別途ご用意しておりますので、ご希望の方はpublish_control@meg-it.jpまでご一報ください。
・各種学校、教育機関、公的機関でのご使用の場合は、恐れ入りますがpublish_control@meg-it.jpまでご一報ください。ご一報の無い場合は、使用を禁じます。
・その場合、弊社内にて審査を行わせて頂きます。ほとんどの場合は許諾させて頂く予定ですが、ご期待に添えない場合もございます。その場合はご容赦ください。
・ダウンロードならびに使用には一切の費用を頂きません。
・著作権はメガリスITアライアンスが保有したままとなりますので、ご注意ください。
・データのいかなる形態での商用利用、二次利用、またはデータの改変は固く禁じます。
・小冊子の内容には細心の注意を払って製作されておりますが、この小冊子を利用したことによるすべての責任に関してはメガリスITアライアンス、監修者並びにイラストレーターは一切負わないものとします。
・なお、この小冊子で使われているイラストレーションを利用した16p版(全年齢版)の小冊子を、イラストレーターの草田草太様のサークルにて既に配布済みとなっております。イラストレーションに関するお問い合わせにつきましては、恐れ入りますが作者様に直接お問い合わせくださいませ。

反社会的勢力並びに国際的テロリズム集団に対する基本方針

前文

メガリスITアライアンス(以下弊社)は、情報通信分野の一角を担う組織としての社会的責任と、人類の普遍的な権利である基本的人権をベースとした自由と平等を尊重し、国際社会で経済活動を行う者としての当然の権利として、反社会的勢力並びに国際的テロリズム集団の排除を絶対条件としたコンプライアンスを貫徹するため、以下の基本方針を定める。

本文

0. この方針で挙げられる反社会的勢力とは、以下のように定義する。
a) 指定暴力団またはそれに準ずる反社会的組織
b) 国際的テロリズム集団
c) テロリズム支援国家が関与していると思われる企業・組織体、またはそれに準ずる反社会的組織
d) クラッキングを主たる手法としたサイバー犯罪組織
e) 主にインターネット上で執拗かつ常軌を逸したハラスメント行為を行う個人、または組織

1. 反社会的勢力並びに国際的テロリズム集団によるすべての不当要求に対しては、役職員並びに弊社顧客の安全性を確保しつつ、各国の政府機関、警察機構と連携し、断固として拒否するものとする。

2. 弊社顧客となりうる者が反社会的勢力並びに国際的テロリズム集団への関与を疑われる場合、その活動(フロント企業またはそれに準ずる企業・組織体・政府機関によるマネーロンダリング等も含む)につき取引の停止、各国の政府機関、警察機構への告発を含め、毅然とした措置を執るものとする。

3. 反社会的勢力に対しては、いかなる取引も拒否するものとし、関係性の一切を保持しないものとする。

4. 0項並びに3項で挙げた「テロリズム支援国家」並びに「反社会的組織」の定義は弊社の内規で規定し、その内容の公開は一切行わない。

5. 反社会的勢力並びに国際的テロリズム集団との裏取引、利益供与または資金提供、情報提供、情報の保持に関しては絶対に行わない。

6. 万が一5項で挙げた情報を得た場合、個人情報保護法(日本国)16条3項2号、18条4項1号、23条1項2号、24条、並びに2007年6月19日の日本国政府による犯罪対策閣僚会議による付属文書「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針に関する解説」に基づき、その情報の一切の所有権を放棄し、関係国政府機関並びに警察機構に通報するものとする。